読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球で身体が開いています人のための練習法〜落合博満の秘密〜

どうも、埼玉県上尾市 筋膜&トリガーポイント専門整体院「Mr.コリとる」院長の波田野です!!
http://ageokoritoru.com


当院は「痛み」と「しびれ」に対する「施術」を全面に押し出していますが


実はスポーツ指導もしています。

本職は「野球」と「自転車」なのですが

サッカーの指導も多く

有名サッカーメディアへの記事も多数寄稿しております。

書籍を出している有名トレーナーも私のところにトレーニングにしに来て

波田野さん・・・それができたら日本はワールドカップで優勝できますよ!!」と驚いていたのを覚えています。


というわけで、独自の運動理論を持っているわけですが


今日は本職の野球のトレーニングです。


とりあえず、野球の競技力の練習ですので

本質的な体の使い方は今回は話しませんが


野球で最も指摘されるであろう

「体の開き」

を抑えて

「タメ」

を作るための練習です。


この動画を自分で観ていたら

落合博満氏もこんな感じだったなぁ。」なんて思いましたので

その動画も。


落合氏の特徴といえば

オープンスタンスなバッティングフォームなのに右方向へのホームランも非常に多い。

それはオープンスタンスにすることによって

ライト方向が体の正面になるからなのではないかなと思います。

もちろん、軸脚にタメを残しながらというのが前提ですが。



というところを参考にしながら

やってみてください。




そして、スポーツをしているお子様がいるという方は

ぜひ、ご相談くださいね。
http://ageokoritoru.com

では〜〜!!